株式会社歓人

これまで富田林近隣の皆様から寄せられた家族葬サービスに関する質問に回答

お問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせ

よくあるご質問

ご案内している葬儀プランの要点を端的に解説

Q&A

質問・回答形式で葬儀に関する基本情報を分かりやすく説明

寺院へのお布施に関しては、故人の戒名料、2日間の読経料が含まれており、相場がつけられないのが現状です。また通常、戒名のランクごとに金額設定が成されていて、富田林市や河内長野市など南河内郡のお寺では、信士・信女で約25万円前後、居士・大姉で約35万円前後、院号戒名で50万円以上が目安になります。一般的にはお布施に、寺院へのお車料やお膳料を包みを変えて渡す方法が採られています。
そうした家族葬を執り行う際に留意するべき基本事項について、富田林近隣の皆様に向けて、質問・回答形式で端的に解説しています。


FAQ

よくあるご質問

お坊さん(宗教者)を紹介してもらえますか?
もちろん、全ての宗派で良心的なお坊さんをご紹介します。
葬儀式に於いて、宗教者はとても大切な存在です。
たくさんの宗教者に直接お会いして、この人なら自身を持ってご紹介できる!という方だけをご紹介します。
どうぞご安心ください。
家族葬専用ホール天翔はだれでも利用できますか?
家族葬専用ホール天翔は富田林市にありますが、どなたでもご利用していただけます。
通常、故人の住所地か喪主になる方の住所地の近くの葬儀社に家族葬を依頼することが多いのですが、家族葬専用ホール天翔は、富田林斎場にも河内長野斎場にも大阪狭山斎場にも入場ができる便利な立地ですので、富田林市民、河内長野市民、大阪狭山市民、太子町民、河南町民、千早赤阪村民のすべての方にご利用いただいております。
家族葬ってどんなお葬式ですか?
家族葬とは、故人と家族のお別れの時間を大切にするお葬式のことです。
一般のお葬式との違いは、家族・親族・親しかった友人などごく限られた人だけを招いて執り行うことです。
そのため、参列者への対応や気遣いがなく、遺族への負担が軽減されます。
家族葬には人数制限がありますか?
家族葬に人数の制限はありません。10名の家族葬もあれば30名規模の家族葬もございます。
ご家族だけで行うのか、ご親戚までお呼びするのか、親しいご友人を招く家族葬もございます。
もしもの時、どうすればいいですか?
医師から死亡宣告を受けたら家族葬専用ホール 天翔に電話下さい。病院の指定業者は断ってもらってかまいません。
すみやかにお伺いし安置場所へ搬送致します。家族葬専用ホール 天翔は24時間365日ご葬儀の依頼を受け付けていますのでご安心下さい。
深夜や早朝でも駆けつけてくれますか?
年中無休24時間体制でお客さまのもとへ伺います。ご相談の電話についても同様に受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。
安置場所はどうすればいいですか?
ご自宅で安置できない場合は家族葬専用ホール 天翔にご相談下さい。安置可能な会館・施設をご紹介致します。
式場を選ぶことはできますか?
富田林市周辺の方は家族葬専用ホール天翔をご紹介させていただきます。
自宅での家族葬をご希望の方は、家の間取りや導線などを確認して最適なご案内をさせていただきます。
アクセスのしやすさ、自宅からの距離、会館の大きさ等を考え、一番合ったものをご提案致します。
心づけは必要ですか?
公営斎場では、心づけは必要ありません。他、寺院や各施設は地域によって慣習、金額等が変わりますので、まずは家族葬専用ホール 天翔にご相談下さい。
喪主の決め方を教えて下さい。
世帯主以外が死亡した場合、通常世帯主が喪主になります。世帯主が死亡した場合はその配偶者または子とするのが一般的です。
是非一度ご家族でご相談下さい。
お布施の金額はどれくらいですか?
お布施の金額は宗旨宗派、地域、お寺との関係、故人様の功績により変わります。事前相談の際、詳しい情報をお聞きしアドバイス致します。
自宅でも葬儀はできますか?
家族葬の天翔では自宅での家族葬プランもございます。
ご家族だけで、住み慣れた自宅でゆっくり葬儀を行うことができます。ご希望により、宗教者の手配、供花の追加、食事の手配も承ります。
自宅でシンプルな家族葬プランと和室にもリビングにも合う かわいいお花飾りと、故人様が最後にきれいに、美しく旅立っていてだくため、専門業者のよる“湯灌とラストメイク”をセットした、お家での家族葬プランがございます。
現金以外でも支払いはできますか?
現金以外にも振り込み、クレジットカード払い、PayPayが利用可能です。

家族のみで執り行うお葬式は、親しい間柄の方々だけでゆとりを持って故人様のとの最期の一時を過ごせる点や、葬儀に掛かる費用を大幅に抑えられる点などがメリットとして挙げられますが、デメリットも存在します。代表的なものを挙げると、参列者を極力少なくするために、参列者として声を掛けなかった方々の中で「葬儀に呼ばれなかった」という不満を持つ方が出てしまう可能性があるという点です。
ご遺族様の方では悪気はなかったとしても、呼ばれなかった本人にとっては遺恨になる場合があります。そうしたリスクを未然に防ぐためにも、気になる方にはできるだけお声掛けを行い、参列者が思いの外増えそうであれば、後日改めて「お別れの会」と称して関係者が集って故人様を偲ぶ機会を設けるのが得策です。そうした葬儀に関する留意点などについて質問・回答形式で端的に説明しています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。